[[LayoutEditor:http://layout.sourceforge.net/]]はWindowsやLinux、Mac OSXで動くオープンソース(フリー、無料、GPL)のIC用レイアウト (マスク) CADです。(最近では機能を強化したNon Commercial LicenseとCommercial Licenseがあります。)~

&color(Red){残念なことにGPL版でもコンパイルしてあるものはお金を取るみたいです。大変なライセンスの改悪になってしまっています。
};
''残念なことにGPL版でもコンパイルしてあるものはお金を取るみたいです。大変なライセンスの改悪になってしまっています。''

WindowsとLinux、Macで使えるので非常に便利です。

GDS (Stream, GDSII)、DXF、CIFだけでなく最新のフォーマットであるOASISを直接(変換無しに)読め、書き込むこともできるので、データ変換プログラムとしても有用です。

また、ポリゴンにより自由な図形が描画できるのでMEMS (マイクロマシン)用のフォトマスク設計ソフトとしても有用です。円や扇型なども簡単に描画できます。

さらに、図形のブール演算(論理演算)も可能です。

[[ショートカットキー]]が豊富で、これを覚えるとかなり早く描画できる。

C言語に似た[[マクロ>マクロ事始め]]もある。

L-EditやSX9000、Cadenceといった商用のMask Layout CADともひけを取らないほど高機能です。~
逆に、商用ソフトにない機能なども多数あります。
**NEWS [#iaea58d1]
-いつの間にか[[ライセンスが変わっている:http://www.layouteditor.net/license.php5]]!GPLの他にNon Commercial LicenseとCommercial Licenseが増えていて、使える機能が違う!!
-[[LayoutEditor:http://layout.sourceforge.net/]]本家が[[リンク:http://layout.sourceforge.net/links/layoutlinks.html]]してくれました。--2008-10-03
-2008/4/11バージョンが出ていて、このバージョンからLinuxのいろいろなディストリビューション向けのパッケージとMac OSX用のパッケージが公開されている。--2008-05-29
-最近、LayoutEditorのページを見ていなかったら、2007/11/13、12/4バージョンが出ていたみたいだ。さらに今は2008/2/5バージョンが出ている。--2008-02-08
-どうも20070712バージョンからLinuxバージョンには3D表示機能がないみたい。ライセンスの問題でバイナリパッケージにのみ入っているらしい。
-20070712バージョンが出ている
--ウインドウのデザインが変わった。というかSetupのところでスタイルを選べるようになったみたい。
-2006/9/20バージョンでは3D映像が表示できるようになっている

**全体像 [#bc79d25e]
#ref(layout.png,,nolink)

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes